3月2213:30

ゲスト:白波多カミン

2014年3月22日(土)
開場:13:30 / 開演:14:00
■料金:当日 4,300円 (CD、1ドリンク, スナック込)

ゾンビ音楽デビューアルバムのリリースから1年。待望の2ndアルバム2014年3月リリース。
2013年は四体からなるゾンビカルテットが現代音楽界(第7回JFC作曲賞)、メディア芸術界(第17回文化庁メディア芸術祭)、世界(NIME2013, re-new2013)で猛威を振るった。
追撃の手を緩めないゾンビ音楽、第一期最終章ここに極まる!

ゾンビ音楽は安野自作のゾンビと呼ぶ自動演奏機械による音楽です。自らが作った機械との試行錯誤を経てこの音楽に辿り着き、四体のゾンビの演奏によるカルテットにまで進化しました。カルテットという編成は音楽の酸いも甘いもを幅広く表現できる最小単位の編成だと思っています。ゾンビ音楽もカルテットになったことにより、この音楽がどこまでできるのか(できないのか)を示しています。そんなゾンビ音楽第一期の節目として、CD『カルテット・オブ・ザ・リビングデッド』をリリースし、リリースイベントとして、生演奏+映画上映のお披露目公演を行います。
ゾンビ音楽は、その常人には理解しがたい不思議な音響を聴いて楽しむのも一つですが、その音楽に宿る物語性も重要です。前回の『デュエット・オブ・ザ・リビングデッド』では、ゾンビ音楽の物語性をフランケンシュタインのストーリーを借りた安野の私小説的な物語と合わせ、映画という形にしました。公演ではその映画とゾンビ音楽を交互に上演する、交差上演という形で披露しました。今回も交差上演という形をとり、安野とゾンビの関係からテクノロジーと人類の関係にテーマを拡大した映画を上映します。
また各回ゲストを呼んで、あらゆる側面からゾンビ音楽を眺めてみる試みも行います。

安野太郎

CD 安野太郎のゾンビ音楽
『QUARTET OF THE LIVINGDEAD』
全8曲+ボーナストラック 安野太郎によるテキスト付き
2014年3月22日発売 定価2,500円(税込)
ライナーノート:三輪眞弘(作曲家)他
イラストデザイン:古泉智浩(漫画家)
録音・マスタリング:斎藤駿
パッケージデザイン:岡澤理奈事務所
特典映像:映画「QUARTET OF THE LIVINGDEAD」 本編映像+監督と作曲家によるコメンタリー映像付き



  • タイツ「ラジオ・デリカテッセン」詳細ページへ
  • 試聴室サイトリニューアル
  • メルマガ 登録・解除
  • 出演者募集!

    試聴室その2では、広く出演者を募集しております。 コチラからぜひお問い合わせください! そして神保町 試聴室でも出演者募集中!ご応募お待ちしてま~す。



twitter
試聴室について