3月719:00

泉邦宏出演:武田理沙(pf,syn,vo,laptop) / 泉邦宏(sax,percussion,guitar,vocal,尺八,笛,kalimba,electronics,etc)
Opening Act:直江実樹 Radio solo

2020年3月7日(土)
開場 19:00 / 開演 19:30
■料金:予約 / 当日ともに 2,000円(+1drink~)

→前回の試聴室その3の企画では前回1音1アンプでアンプ8台という壮大なサウンドセットだった泉さんは照明にゴールドかつダビーな佇まいと新譜を引っ提げて再登場、セカンドアルバムでは全編歌という構成で2枚組ファーストに続き高評価かつライブ規模泉邦宏も拡大している破竹の勢いの武田理沙さんとのふたり紅白フェス!ラジオソロのオープニングアクトを添えて、です!

泉 邦宏 (sax,percussion,guitar,vocal,尺八,笛,kalimba,electronics,etc) 
大学時代より音楽活動を始め、20代半ばより「渋さ知らズ」に参加。渋さ知らズでは世界中で演奏。
イギリスのグラストンベリー・フェスやドイツのメールス・フェス、日本のフジロック・フェスなど、多くの野外フェスに出演。2016年にはソロでもフジロックに出演。
現在は主にソロで演奏するほか、サックス吹きとして藤井郷子オーケストラに参加。渋さ知らズもたまに参加。他にさまざまな武田理沙ミュージシャンとセッションを行っている。
ソロ演奏ではサックスを中心にヴォイス、尺八、ギター、パーカッション、カリンバ、シンセ、エフェクターなどを手も足も使って操作し、ギターの弾き語りもする。
最近は照明も導入し、ひとりエレクトリックワールドがさらに充実。キタカラレコードから多重録音のソロCDを数多く発表。
ブログ:http://blog.livedoor.jp/izumix555/

武田理沙 (pf,syn,vo,laptop)
北海道出身。3歳よりクラシックピアノを始める。大学時代はドラマーとして活動。
2011年上京し、ブルース・ジャズ・インプロヴィゼーション主体のセッションに多数参加する。様々なバンドで活動する傍ら、2016年よりソロ活動を開始。即興演奏、映像を使ったオリジナル曲、FRANK ZAPPAのピアノカバーなどが世界中で好評を博している。2018年8月、作曲/編曲/演奏/録音など全てを一人で手掛けた初のオリジナルアルバ厶「Pandora」を発売、複雑なメロディとハーモニーに漲るリズム、音列などが構築された末に、これらが自由に、しかし緻密なアンサンブルで具体化された16曲130分2枚組大作として大好評を得、吉田達也、坂田明、横川理彦、山本精一、鈴木慶一などと共演を重ねてきている。2019年10月、さらに作詞と歌唱にも挑戦し独自の路線でポップスを追求した第2作目「Metéôros」を発売。
ホームページ:https://www.risatakeda.com/

チケット申し込み

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号(必須)

希望枚数(必須)

このライブ情報をどちらで入手されましたか?

 試聴室サイト(含メルマガ) アーティスト公式サイト mixi Twitter 知人等から フライヤー その他 その他の詳細

試聴室のライブ情報をお送りしてよろしいですか?

 はい いいえ

メッセージ

プライバシーポリシーをご覧になりましたか?

読んだ





twitter
試聴室について